自動販売機の設置をしたらどのくらいの収入が見込めるのか

自動販売機を設置することで得られる収入相場

自販機収入の相場について

自販機の収入相場がわかったところで出てくる疑問が費用はどのくらいかかるのかですよね。 自販機設置を考えたときに是非参考にしてください。 設置に関しての費用、維持費、そもそもどうしたら設置が出来るのかを説明をしていきます。 そのうえで設置をするかどうかを検討してもらい、収入につなげてもらえればと思います。

自販機設置を考えたら

自販機の販売価格っていろんなものがありますよね。平均的にみると飲料であれば120円くらいです。
中には80円や50円ていうのもあります。
その中からどのくらい収入が見込めるものなのでしょうか。
ここではタバコやお酒など、定価が決まっているような自販機や食品、おもちゃなどの特殊な自販機ではなく飲料の自販機に限って説明をしていきます。

平均的にみると台当たり6万円程度収入が見込まれます。
もちろん平均値なので設置をする場所や条件によっても左右されてきます。
比較的都心部へ設置が出来れば収入は多く見込まれます。
ここでミソなのが「台当たり」ということです。
つまり何台も設置が出来ればその分収入を見込むことが出来るということです。

また、その収入と別に設置協賛金というお金が入ってきます。
これは契約の年数、土地を使わせてくれてありがとうという意味合いのお金になってきます。
立地にもよりますが約10万程度で多いと約20万円程度はいってきます。
これは設置をしたときに入ってくるお金になっています。
3年契約で先払いをしているところがほとんどです。
しかし、これは収入というよりはどちらかと言えば運営費の要素のほうが大きいです。

自販機設置の最大のメリットは土地さえあれば手軽に始めることが出来るということです。
自販機サイズの土地なのでそこまで大きなスペースは要求されません。
感覚的には庭に置くくらいな感覚でいいと思います。
もし、ちょっとした土地でもあれば設置をしてみるのはいかがでしょうか。

実際のところ儲かる?儲からない?

そもそも自販機設置は儲かるのでしょうか。 設置する気はなくても疑問に思いますよね。 結構どこでも置いてあるイメージですが、その費用対効果はどのようなものなのでしょうか。 ここではそのような素朴な疑問に対してお答えをしていきます。 実際に設置を考えている人やそうでもない人も是非見ていただければと思います。

総合的に判断を重ねる

設置するのに際し、大手メーカーとのやり取りの中で自分がどのように思うかというところも大事です。 自販機を何台も設置している人であれば、予測もつくのでしょうが初めて設置する場合であればそうもいきません。 また、しっかりとしたマーケティング(市場)調査も必要になってきます。

TOPへ戻る