自動販売機の設置をしたらどのくらいの収入が見込めるのか

自動販売機を設置することで得られる収入相場

実際のところ儲かる?儲からない?

本当に儲かるのか

端的に言ってしまえば、売れるところに置けばということにつきます。
売れないところに置いてしまえば赤字となってしまいます。

フルオペレーションタイプで契約を結んでいれば販売した収益を受け取ることが出来ます。
売り上げに対してのおおよそ15から20パーセントくらいなので800本売れれは1万6千円程度手数料を受け取ることが出来ます。
そこから電気代を差し引きおおよそ1万円ほどが純利益となってきます。
安定して収益を得るのであれば手軽でオススメが出来るタイプと言えます。
ただし、あくまで理論上の話です。
電気代で赤字になってしまう場合もあります。
月5千円の電気代がかかる場合であれば、最低でも500本売らなければ赤字になります。
売れるところに設置しなければ元が取れません。

セミオペレーションタイプでは

セミオペレーションタイプではいかに商品を安く仕入れるかによります。
また、自販機のチョイスも大切です。

自販機も震災以降様々なものが出てきました。
省エネタイプから災害時に使えるものまで多くの商品をメーカーが開発してきました。
最新のタイプを買おうと思うと70から120万円までします。
ただし、この金額は自販機のみの金額です。
メーカーが作っているものであればもっと金額はしてきます。
中古でもありますが、電気代は現行タイプよりはかさんでくることを頭に入れてどのようなものを購入したらいいか決めましょう。

仕入れはとても重要です。
いかに安く仕入れて販売をするかが重要です。
販売価格も重要です。
販売価格は利益に直結します。
初期コストと相談をしながら、薄利多売で行くかどうかをきちんと見極めて販売を行いましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る